アフィリエイターって薬機法の違反対象になるの?
なります。
ただし、薬機法関連の案件(医薬品、医薬部外品、化粧品、医療器具)を扱っていない人は対象になりません。

※当記事は、専門家によるリーガルチェックを受けておりません。
いちアフィリエイターの調査によるまとめ記事という前提で読み進めください。

メディアを持つアフィリエイターも薬機法違反の対象

薬機法66条には、以下の記載があります。

第66条 何人も、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器又は再生医療等製品の名称、製造方法、効能、効果又は性能に関して、明示的であると暗示的であるとを問わず、虚偽又は誇大な記事を広告し、記述し、又は流布してはならない。

引用:医薬品医療機器等法(抜粋)

対象者として、「何人も」と書かれている以上、法律上は薬機法の違反対象となります。
広告主が対象なのはもちろんのこと、メディアを運営するアフィリエイターも薬機法の違反対象になります。

過去の摘発事例

実際に、過去に広告作成者が摘発された事件がありました。

ステラ漢方の従業員など6人逮捕 「肝臓疾患の予防に効果」の表示で薬機法違反の疑い

こちらのケースでは、おそらくAD広告に掲載した内容が違反の対象だったと思われます。

ADやリスティング広告を扱っているアフィリエイターはもちろん、SEOをメインに活動しているアフィリエイターも薬機法の違反対象となります。

ASPは解釈によって対象外?

法律は、文章の「解釈」によって判決が変わりますよね。
ASPはあくまで仲介業者なので、広告を発信していると言えるかどうかは、現段階では微妙なところです。
(アフィリエイトリンクを発行してはいますが)

まだASPが摘発されたというケースは起きていませんが、もしASPは薬機法の違反対象外となった場合、おそらくアフィリエイターに対して修正依頼をかける理由は弱くなります。

今現在では、各ASPで薬機法の修正依頼がかかっていると思いますが、これが来なくなってしまったら・・・
責任を一緒に負ってくれるわけではないと思いますので、自分で守りを固めることが大事ですね。

どんな罰則がある?

誇大広告等と判断された場合、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金またはその両方が科せられます。
(薬機法85条4号)

引用:医薬品等の広告や販促活動における表現上の留意点 – BUSINESS LAWYERS

 

記載の通り、違反すると2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金またはその両方が科せられます。

さらに、現在施行されている改正法では、追加で罰金を支払う課徴金制度があります。

改正法案では、誇大広告等(薬機法66条1項違反)は課徴金対象となる違反行為とされており、課徴金額は、誇大広告等の対象製品の売上(最大3年分)の4.5%です。ただし、事業者が調査開始前に自主的に違反を申告した場合には、課徴金額が半分に減額されます。
売上に4.5%を乗じて計算された課徴金額が225万円未満であるとき、すなわち、対象製品の売上が5000万円未満の場合は課徴金の対象から除外されています。

引用:医薬品等の広告や販促活動における表現上の留意点 – BUSINESS LAWYERS

過去3年分の売り上げの4.5%が課徴金として徴収されます。

「あっ、売り上げが5000万円もないから大丈夫だ」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

薬機法85条4号の「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金」は売り上げに関わらず対象となります。
また、「売上」が何の示すかも、まだ解釈が曖昧です。(商品の売り上げ?発生報酬?など)

SEOアフィリエイターよりも、どちらかと言うとAD広告アフィリエイターの方がシビアにチェックする法律ですが、SEOアフィリエイターも油断はできません。

刑罰だけじゃなく信用が落ちる

違反した時のリスクは、罰金や懲役だけではありません。
しっかりとニュースで会社名・違反者名が実名報道されてしまいますので、今まで築き上げてきた信用やブランドにも傷が付きます。

ステラ漢方の従業員など6人逮捕 「肝臓疾患の予防に効果」の表示で薬機法違反の疑い

当サイトでは、アフィリエイター目線で薬機法に関する知識をまとめています。
リーガルな内容はめんどくさく感じる部分ではありますが、自分の身を守るためにも、違反しない広告表現を学んでおきましょう。

おすすめの記事