手軽に、しかも壁を傷つけず、
家に柱を作ることができる超便利アイテムのラブリコ。

そんなラブリコを使いまして、テレビを壁かけにしてみました。
部屋が狭いので、これだけでもかなりの省スペース!

ちなみに、テレビをかけるための専用アジャスターが販売されており、それを使いました。

取り付け自体はけっこう簡単でした!

一番苦戦したのは、木材のカットのところですかね。
ちゃんと寸法測っておけば問題ないのですが。

ラブリコには、テレビなどの重いものを設置する用の強力版と、軽いものに対応した通常版があります。

  • 写真の右側の柱が通常版
  • 左側のテレビの2本が強化版です

ちょっと写真だとわかりにくいのですが、強化版の方がしっかりした作りになっています。

穴を開けなくても大丈夫

ちなみに強化版、強度を保つために、ビスで天井に穴を開ける仕様になっています。

「おいおい、それじゃ賃貸で使えねーじゃねーか!」

と思ってしまいがちですが、ビスを使わなくてもかなり頑丈です。

私のこのテレビも、設置から半年経過していますがビクともしません。
震度6の地震は流石に心配しましたが、何事もありませんでした。

絶対に!とは言い切れませんが、ビスを打ち込まなくても、24型テレビを支えるのに十分な強度があります。

 

壁掛けにすると、

  • 省スペースになって部屋が有効活用できる
  • 高さが自由に変更できて観やすい。疲れにくい。
  • シンプルにオシャレ!

などメリットがあります。

設置も初心者でも簡単です。

 

(今のテレビ台で満足!という方はクリックしないでください。)

おすすめの記事